くらし情報『古川雄輝の“ゆるゆるネクタイ姿”に激萌えする女子多数…「ラブリラン」第8話』

2018年5月25日 09:01

古川雄輝の“ゆるゆるネクタイ姿”に激萌えする女子多数…「ラブリラン」第8話

Photo by cinemacafe.net

中村アン連続ドラマ初主演作「ラブリラン」第8話が5月24日深夜放送。中村さん演じるさやかと古川雄輝演じる町田翔平との“別れの真実”が判明、視聴者からは「まっちー可哀想」など町田への共感と声援の声が続々と寄せられている。

本作は天沢アキによる同名コミックを原作に、中村さん演じる“地味女子”南さやかが、15年想い続けている“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と“ドSツンデレ男子”町田翔平の間で揺れ動く三角関係に、亮介の恋人・青山瑞希、町田の元カノのモデル・小笠原杏子らも関わって展開されるラブストーリー。町田を古川雄輝が、亮介を大谷亮平が、瑞希を片瀬那奈が、杏子を大政絢がそれぞれ演じている。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
亮介とベッドでキスをしようとした記憶が蘇ったさやかは、町田に「私たちが別れた原因をどうしても知りたいの」と尋ね、さやかが「亮介が忘れられないから別れよう」と言ったことを知る。さやかはいまの自分の気持ちを伝えようとするが突き放されてしまう。

罪悪感から仕事に打ち込むさやかは貧血で倒れてしまう。さやかを巡り亮介と町田が“対決”。目覚めたさやかに亮介は「キスしようとしたが俺たちは何もなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.