くらし情報『坂口健太郎「シグナル」最終回、ネット上に「震えた」の声』

2018年6月13日 11:51

坂口健太郎「シグナル」最終回、ネット上に「震えた」の声

Photo by cinemacafe.net

坂口健太郎がドラマ初主演で、北村一輝吉瀬美智子らと共演したカンテレ・フジテレビ系「シグナル 長期未解決事件捜査班」が6月12日(火)に最終回を迎えた。そのラストと主人公たちの今後に様々な解釈をする声がネットに上がっている。

本作は「冬のソナタ」「女王の教室」のキム・ウニ脚本による韓国ドラマが原作。

坂口さんが演じる三枝健人は幼い頃に同級生の誘拐殺害事件の犯人を目撃するも誰にも相手にされず、その後独学でプロファイリングを学んだ警察官。廃棄処分になるはずだった無線機を通じて繋がった“過去”の刑事、北村さん演じる大山剛志と共に未解決事件の真相を暴いていく。

三枝の兄は集団暴行事件の犯人として少年院に送られ出所後自殺した過去があるのだが、その事件に大山が関わっていて、事件の黒幕を暴こうとする2人は命を狙われることに…というストーリー。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
最終回では19年前に健人の兄・亮太(神尾楓珠)が逮捕された集団暴行事件の真実が明らかになった。暴行の真犯人は亮太ではなく地元有名企業の御曹司・小川だった。その隠ぺいのために大山の上司である中本管理官は班長の岩田と共に隠ぺい工作を繰り返しており、大山を殺したのも岩田だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.