くらし情報『新キャラ“猫又”登場!『映画 妖怪ウォッチ』最新作12月14日公開決定』

新キャラ“猫又”登場!『映画 妖怪ウォッチ』最新作12月14日公開決定

2018年6月15日 12:00
 

Photo by cinemacafe.net

株式会社レベルファイブが企画・原作を行い、国民的人気を誇る「妖怪ウォッチ」。 冬休みの定番作品として、人気を不動のものとしている本作の劇場版シリーズから、シリーズ5周年を記念した最新作『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』が12月14日(金)より全国公開されることが決定した。

1960年代の東京・さくら元町。貧しくも幸せに暮らしていた少年・シンはたった1人の家族である母親を亡くし、不幸のどん底に。そんなシンを救った少年・イツキもまた、姉を亡くしていた。シンとイツキは、妖怪が見える少女・タエを仲間に加え、シンの守護霊・スーさん、そして猫又などの新たな妖怪たちと共に、大切な家族の魂を取り戻すため、不思議な事件に立ち向かう。そこで彼らを待ち受ける、衝撃の事実とは…!?これは、3人の少年少女と妖怪が織りなす友情の物語――。

映画シリーズ5周年の記念作品となる本作は、古き良き懐かしい時代の1960年代・東京を舞台に、今まで見たことのない世界への旅立ち、出会い、そして成長が描かれる、まさに“「妖怪ウォッチ」版『スタンド・バイ・ミー』”。

公開された最新ビジュアルは、主人公・シンと、ジバニャンにも似た謎の猫妖怪「猫又」が見つめ合う姿が描かれたもの。この「猫又」はいったいどんな妖怪なのか?そしてシンの切ない表情の意味は…。ビジュアルに書かれている「ずっと一緒だと思ってた――」のコピーから、タイトルの「FOREVER FRIENDS」と逆行するこの言葉の意味など、注目のビジュアルとなっている。

本作の原案・脚本、製作総指揮を担当したレベルファイブの日野晃博氏は「今回はなんと、妖怪ウォッチらしいイマドキの妖怪たちは一切登場しません。代わりに、どこかで聞いたことがあるような、伝承に記された妖怪たちが出てきます。登場人物は、全員が新しいキャラクターとなりますが、初期の妖怪ウォッチに近い、温かい『妖怪』と『人間』の姿がそこにあります。そして、もうひとつの見どころは全て作り直された『妖魔界』です。妖魔界は、大人でも魅力的に感じるような、しっかりとリアリズムを持った世界となりました」と新たな「妖怪ウォッチ」の誕生を示唆するコメントを残した。

また、7月13日(金)から発売される劇場前売券には、全国合計20万名限定で今作に登場する妖怪「猫又」の超豪華黄金版「妖怪アーク」の特典が。 ここでしか手に入らない特別な特典にもご注目を。

『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』は、12月14日(金)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
リズと青い鳥 2018年4月21日より全国にて公開
© 武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.