くらし情報『プーと過ごした“少年時代”と“現在”描く『プーと大人になった僕』日本版予告』

2018年7月24日 04:00

プーと過ごした“少年時代”と“現在”描く『プーと大人になった僕』日本版予告

Photo by cinemacafe.net

ディズニーの人気キャラクター“プーさん”とユアン・マクレガー扮する大親友クリストファー・ロビンの“奇跡の再会”からはじまる感動の物語を描く実写映画『プーと大人になった僕』。この度、新たな映像で構成された日本版予告映像が公開された。

「くまのプーさん」初の実写映画化となる本作。“少年時代”と”現在”の映像の両方が映し出される予告編では、クリストファー・ロビンとプーが“100エーカーの森”で一緒に過ごした少年時代からスタートし、挿絵で有名な「棒投げ橋」を覗き込むシーンも登場。

そして、大人になったクリストファー・ロビンは、仕事中心の忙しい毎日を送っており、妻イヴリンと娘マデリンと故郷で過ごす予定にしていた週末にまで、仕事を任されてしまう。そんな悩むクリストファー・ロビンの前に現れたのは、かつての親友プーだった。プーに「一緒に森の仲間たちを探してほしい」と頼まれたクリスファー・ロビンは、懐かしい100エーカーの森へ出かけ、ピグレット、ティガー、イーヨーらと再会。森の仲間たちが動き、話す姿、親友のためと懸命に考える姿はとても愛らしい。

しかし、再会し喜んだのも束の間、彼は仕事に戻らなければならないことを思い出す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.