くらし情報『スカーレット・ヨハンソン、2018年の「最も稼いだ女優ランキング」トップに』

スカーレット・ヨハンソン、2018年の「最も稼いだ女優ランキング」トップに

2018年8月17日 17:15
 

Photo by cinemacafe.net

「フォーブス」誌が毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優ランキング」を発表し、スカーレット・ヨハンソンがトップを飾った。

同リストは女優たちの2017年6月から2018年6月までの推定収入(税引き前)を集計し、ランキング化している。スカーレットの収入の多くは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の出演料が占めているという。

2位のアンジェリーナ・ジョリーは『マレフィセント2』(原題)の出演料が大きいようだ。ジェニファー・アニストンは、飲料水の「smartwater」、スキンケア製品の「Aveeno」、航空会社の「エミレーツ航空」の広告塔としてのギャラの合計が高く、3位にランクイン。昨年1位だったエマ・ストーンは10位以内に入らなかった。

先月、同誌が発表した「世界で最も稼いだセレブ100人」のリストにおいては、スカーレットは76位だったが、「セレブ」から「女優」に職種を絞ると1位に。2位のアンジー以降は、「世界で最も稼いだセレブ100人」のランキング圏外だった。

■世界で最も稼いだ女優トップ5

1位スカーレット・ヨハンソン約45億円
2位アンジェリーナ・ジョリー約31億円
3位ジェニファー・アニストン約21億円
4位ジェニファー・ローレンス約20億円
5位リース・ウィザースプーン約18億円

(Hiromi Kaku)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.