くらし情報『向井理が医療用AIの開発者に!…ドラマ「パンドラ」シリーズ最新作』

2018年8月29日 12:00

向井理が医療用AIの開発者に!…ドラマ「パンドラ」シリーズ最新作

Photo by cinemacafe.net

2008年に連続ドラマW第1作目としてスタートし今年で10周年目を迎えた、WOWOWの社会派ドラマ「パンドラ」シリーズ。その最新作「パンドラIV AI戦争」が、向井理主演で放送されることが決定した。

■ストーリー

IT企業が経営するメディノックス医療センターでは、AIによる患者の診断が行なわれていた。そのAIを開発したのは、医学者の鈴木哲郎(向井理)。人間の医師が行なうよりも短時間で正確に、しかも無料で行なうAI診断は世間で評判を呼ぶ。

AI診断を導入したIT企業代表の蒲生俊平(渡部篤郎)は、医療のAI化を進めていくべきだと主張。しかし、医師会会長の有薗直子(黒木瞳)は難色を示し、さらに外科医の上野智津夫(原田泰造)もAIに診断された患者の手術に当たることを不快に思っていた。

そんな中、AI診断に基づいて上野が手術した患者が、術後に容体が急変して亡くなってしまう。上野はAIが余計な診断をしたせいだと言い放ち、鈴木は上野の判断が間違っていたせいだと反論する。一方、記者の太刀川春夫(山本耕史)は、AIで診断した患者が死亡したという情報をつかみ、独自の調査を始めていた。

■シリーズ最新作のテーマは「AI」


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.