くらし情報『いじめをテーマにした第6話に視聴者から「今日はとびきり重い」の声…「dele」』

2018年9月1日 11:57

いじめをテーマにした第6話に視聴者から「今日はとびきり重い」の声…「dele」

Photo by cinemacafe.net

山田孝之と菅田将暉が“デジタル遺品”を消去するという仕事を通して様々な事件に関わっていく金曜ナイトドラマ「dele」(ディーリー)。8月31日放送の第6話は“いじめ”がテーマ、視聴者からは「今日はとびきり重い」といった声が続出している。

山田さん演じる坂上圭司と菅田さん演じる真柴祐太郎は、依頼人の死後、PCやスマホ等不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事をしている。しかし任務を遂行しようとするたび様々な問題に巻き込まれ、依頼人の死に隠された真相とその背景を解き明かさなければならない状況へと追い込まれていく…という物語。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
長野の雪原で発見された14歳の少女・石森純子(山田愛奈)の遺体。警察は自殺と判断するが両親がいじめが原因ではないかと疑い、純子のPCのロックを解除してもらいたいと依頼してくる。まずは純子のスマホのデータを復元するがそこには同級生たちとの仲睦まじい写真や動画ばかり。祐太郎はそこに写っていた純子の友人らと接触、友人の1人・小川優菜のスマホをこっそり入手する。そこには友人たちが純子とは別の少女をいじめている動画が録画されていた…という展開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.