くらし情報『【インタビュー】声優・鈴村健一、25年間貫いた信念と情熱の結晶!即興劇「AD-LIVE」魅力に迫る』

2018年9月14日 07:15

【インタビュー】声優・鈴村健一、25年間貫いた信念と情熱の結晶!即興劇「AD-LIVE」魅力に迫る

Photo by cinemacafe.net

声優・鈴村健一が総合プロデュースを務める、即興劇「AD-LIVE(アドリブ)」をご存じだろうか?大まかな世界観と、「電話が鳴る・誰かが来る」といった舞台上で起こるいくつかの出来事が決められているのみで、出演者の役柄もセリフもすべてアドリブによって紡がれる90分──そんな前代未聞の即興劇「AD-LIVE」は、今年で10周年を迎える。

「AD-LIVE(アドリブ)」2018年ロゴ

初代『AD-LIVE』をリブートした“究極のアドリブ”がテーマ

そもそも、声の芝居に特化した声優がなぜ舞台劇をプロデュースしようと思ったのだろう。そのヒントは、鈴村さんが声優を目指しデビューしたのが90年代だったというところにある。

「もともと声優という職業は、俳優がアルバイト的にやる仕事でした。その流れで、僕が声優について勉強していた時代は…今みたいに声優に特化したレッスンだけでなく、いろんなスタイルの勉強法があったんです。なかでも僕は、演劇畑のお師匠さんに師事していたので、20代半ばぐらいまではずっと演劇について勉強していて。『舞台をやりたい』と思うのは、僕にとっては自然なことだったんです。」

鈴村健一「AD-LIVE(アドリブ)」/photo:You Ishii

演劇を学ぶなかで、鈴村さんがとくに惹かれたのがエチュード(即興劇)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.