くらし情報『坂口健太郎、「世にも」初主演作は“密室サスペンス”! 「負荷を感じて」』

2018年10月31日 06:00

坂口健太郎、「世にも」初主演作は“密室サスペンス”! 「負荷を感じて」

Photo by cinemacafe.net

人気若手俳優・坂口健太郎が、「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」の一遍で本シリーズ初出演&初主演を務めることが決定した。

2014年の俳優レビュー以来、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、「コウノドリ」シリーズなどに出演し、「シグナル 長期未解決事件捜査班」では連続ドラマ初主演を果たすなど、出演作が相次ぐ坂口さん。

今回そんないま大人気の彼が主演するのは、密室サスペンス劇「脱出不可」。坂口さん演じる出版社編集部勤務の志倉真司は、ある日目を覚ますと、コンクリートの狭い部屋の中にいた。喉の渇きを癒やそうとドアの方へ向かうも、施錠されていて外に出ることができない。

途方にくれていると突然、部屋の中にある4つのモニターが起動。1つには真司自身の姿、そのほかのモニターには真司と同じ境遇の男女3人がそれぞれの部屋で困惑する様子が。そして画面の下には“視聴者数”の表示…。“脱出ゲームスタート。三重にかけられたロックナンバーを見つけ出し脱出せよ”の文字が出ると、視聴者のコメントが流れ出す。

どうやら4つのモニターに映っている映像は、インターネットを通じて不特定多数の人に閲覧されているようで――。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.