くらし情報『小栗旬、太宰治に! 蜷川実花監督が事実を基に「人間失格」誕生秘話を描く』

2018年12月3日 05:00

小栗旬、太宰治に! 蜷川実花監督が事実を基に「人間失格」誕生秘話を描く

■主演・小栗旬! 太宰役に悩みつつも「一歩一歩、太宰に寄り添いながら」

酒と恋に溺れるダメ男ながら、圧倒的な人気と才能で女を惹きつけてやまない魅力を放つ天才作家・太宰治を演じるのは、今年主演作『銀魂』の続編もヒットし、2020年公開予定の『ゴジラVSコング』(邦題未定、原題:『GODZILLA VS. KONG』)で世界進出を果たすことも発表された人気実力派俳優の小栗さん。役作りのために短期間で大幅な減量を敢行、刺激的な演技で観る者を翻弄する!

コメント
お話を頂いたのはずいぶん前のことだったと認識しております。
悩みました。
この文豪を自分を通して産み出すことが出来るのだろうか。自分がこの人生を生きることは出来るのだろうか。
しかし、監督から僕でなければ、というお言葉を頂き、脚本に魅了され、決断いたしました。
今はただただ、最高の孤独とは一体どこに存在しているのか。手に入るものなのか。そんなことを日々感じながら、一歩一歩、太宰に寄り添いながら過ごしております。
私という人間から見えてくる太宰治という凄絶な人生を駆け抜けた一人の文豪の足跡が皆様の心に刻まれることを祈り、作り上げていければと思っております。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.