くらし情報『鈴木亮平、大河集中で「W杯見ていない」 中村勘九郎&阿部サダヲは「見ていた」』

2018年12月5日 16:31

鈴木亮平、大河集中で「W杯見ていない」 中村勘九郎&阿部サダヲは「見ていた」

Photo by cinemacafe.net

大河ドラマ主演バトンタッチセレモニーが12月5日(水)、東京・渋谷のNHK局内で行われ、放送中の「西郷どん」主演の鈴木亮平、来年1月6日にスタートする「いだてん ~東京オリムピック噺~」主演の中村勘九郎と阿部サダヲが出席した。

■バトンタッチセレモニー、異例の“たすき”リレー

勘九郎さんが演じる「いだてん」主人公・金栗四三が箱根駅伝の創始者であることにちなみ、この日、鈴木さんはバトンではなく“たすき”を「いだてん」主演コンビに受け渡し。「西郷さんたちが一生懸命に築いた新しい国の先にこういう時代があり、そこに生まれた新しい世代の皆さんが、オリンピックに向かって行くんだなって感慨深いものがあります」としみじみ語った。

また、撮影をふり返り「1年以上、世間から隔絶された状態になり、世の中のことが分からなくなる。ワールドカップも1試合も見ていない」と大河に集中していたと明かすと、勘九郎さんは「ワールドカップの時期、(『いだてんの』)撮影中でしたが、ガンガン見ていました(笑)。もう少しストイックにならないと」と反省しきり。阿部さんも「僕もガンガン見ていたけど、優勝した国、忘れました」と笑いを誘った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.