くらし情報『堤真一×橋本良亮、舞台で初タッグ! 「良い子はみんなご褒美がもらえる」』

2018年12月14日 13:00

堤真一×橋本良亮、舞台で初タッグ! 「良い子はみんなご褒美がもらえる」

Photo by cinemacafe.net

俳優・堤真一と「A.B.C-Z」の橋本良亮が出演するトム・ストッパード作の舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」が、2019年4月20日(土)よりTBS赤坂ACTシアターにて上演することが決定した。

舞台はソビエトと思われる独裁国家の精神病院の一室。誹謗罪で投獄された政治犯の男アレクサンドル・イワノフと、自分はオーケストラを連れていると主張する精神病患者 アレクサンドル・イワノフ。政治犯と妄想に囚われた2人の男は精神病院で同室となるが――。

本作は、舞台「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」「アルカディア」、映画『恋に落ちたシェイクスピア』を手掛ける英国劇作家の巨匠トム・ストッパードが、“俳優とオーケストラ”のために書き下ろした異色作。言葉遊びや明瞭なユーモアと哲学的観念がふんだんに盛り込まれ、またオーケストラが劇中に登場する。

精神病院で同室となる2人を演じるのが、『銀魂2 掟は破るためにこそある』への出演が話題になったことも記憶に新しい堤さんと、男性アイドルグループ「A.B.C-Z」のメンバーであり『劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-』など俳優としても活動する橋本さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.