くらし情報『宮野真守、“森川”ダンブルドアの声に「ドキドキ、ワクワク」 『ファンタビ』大阪・応援上映に登場』

2018年12月17日 16:15

宮野真守、“森川”ダンブルドアの声に「ドキドキ、ワクワク」 『ファンタビ』大阪・応援上映に登場

Photo by cinemacafe.net

累計興行収入45億円を超え、12月16日(24日目)には観客動員数320万人を突破する大ヒットとなっている『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。12月16日(日)、吹き替え版で主人公ニュート・スキャマンダーの声を担当している宮野真守が、大阪で行われた本作の舞台挨拶付きの応援上映イベントに登壇した。

大阪は、47都道府県の中からニュート=宮野さんを呼びたい地域を投票し、最も票が多かった=最も魔法にかかった上位3つの中から、抽選で1都道府県で応援上映を実施するという“日本中に魔法をかけよう!キャンペーン”で選ばれた場所。チケットが発売されると3分で即完となった大阪での初・応援上映には、10代~20代の女性から、中高生の男女共に友人グループ、そして子どもたちの姿も多く見受けられ、幅広い世代の来場者たちが駆けつけた。

宮野真守、大阪に降臨「皆さんが“アクシオ”してくれたので」

超満員の会場にニュートの“トランク”と“魔法の杖”を手に宮野さんが姿を現すと、MCの声がかき消されるほどの大歓声が巻き起こり、黄色い声援が止まらない事態に。観客たちの熱気を一身に浴びた宮野さんは、「皆さんが僕をたくさん“アクシオ”(呼び寄せる呪文)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.