くらし情報『若手実力派ルーカス・ヘッジズ、GG賞ノミネート『ある少年の告白』公開決定』

2018年12月27日 19:00

若手実力派ルーカス・ヘッジズ、GG賞ノミネート『ある少年の告白』公開決定

Photo by cinemacafe.net

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で弱冠20歳にしてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズと、ニコール・キッドマンラッセル・クロウが親子役で出演する『BOY ERASED』が、『ある少年の告白』として2019年4月より日本公開されることが決まった。

■ストーリー“僕は僕でしかいられない”

アメリカの田舎町。牧師の父(ラッセル・クロウ)と母(ニコール・キッドマン)のひとり息子として、何不自由なく育った大学生のジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)。彼はあるとき、思いがけない出来事をきっかけに、自分は男性が好きだと気づく。しかし、息子の告白を受け止めきれない両親が勧めたのは、同性愛を“治す”という転向療法への参加だった。

そこでジャレッドが目にした、“口外禁止”という矯正プログラムの内容は驚くべきものだった。彼は、自らを偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じ、ある行動を起こすが――。

2016年に発表され、NYタイムズ紙によるベストセラーに選ばれるなど全米で大きな反響を呼んだ原作を映画化。メガホンをとったのは、『レッド・スパロー』『ラビング 愛という名前のふたり』など実力派俳優として知られるジョエル・エドガートン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.