くらし情報『佐藤健「一切の常識が通用しない」現場で奮闘も、森山未來がボソリ「健くん格好よく斬ってた」』

2019年1月21日 19:02

佐藤健「一切の常識が通用しない」現場で奮闘も、森山未來がボソリ「健くん格好よく斬ってた」

Photo by cinemacafe.net

幕末エンターテインメント『サムライマラソン』の完成披露イベントが1月21日(月)、六本木ヒルズアリーナにて行われ、主演の佐藤健のほか、豪華共演陣が勢揃いした。

佐藤健が戸惑い「過去経験した一切の常識が通用しない!」

バーナード・ローズ監督は実に独特な撮影手法を用いたそうで、佐藤さんは冒頭の挨拶から「衝撃的な現場でした」と口にし、「過去経験した一切の常識が通用しない環境のもと、かなりもがきながら、力を合わせて映画を生み出しました。監督は、まず“台本を見るな、気にするな”と言うんですよ!(台詞を)言いたいなら言ってもいいし、言いたくないなら言わなくていいと。だから僕はあまりしゃべらなかったです(笑)」と笑顔でふり返った。そして、隣にいる森山未來には打ち解けた雰囲気で、「逆に、森山さんはご自身で台詞を考えていました。脚本が、ほぼ森山未來ですね!」と語りかけた。

そんな森山さん、本作では辻村という藩の重臣の息子を堂々と演じた。佐藤さんの発言を受けて、森山さんは「いろんなアプローチの方や様々な人がいて、すごく多様な現場でした」と回顧。「個人的には走ったり、馬に乗ったり、水の中で泳いだり…ひとりトライアスロン状態(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.