くらし情報『2000年代にカルト的人気を集めた「Lの世界」が復活へ』

2019年2月1日 12:37

2000年代にカルト的人気を集めた「Lの世界」が復活へ

Photo by cinemacafe.net

米テレビ局「ショウタイム」が、「Lの世界」の続編を放送予定であることを発表した。すでに着手してから1年以上が経っているという。「Deadline」などが報じた。

製作総指揮はオリジナルシリーズのアイリーン・チェイケンに、女優で脚本家のマリア=ルイス・ライアンが新しく加わる。2017年にアイリーンは新「Lの世界」の制作に漕ぎつけるまでもう少しだと語っており、それがついに実現した形だ。オリジナルキャストのジェニファー・ビールス(ベット役)、キャサリン・メーニッヒ(シェーン役)、レイシャ・ヘイリー(アリス役)の3人も製作総指揮に名を連ね、同名役での出演シーンもあるとのこと。

カルメン役のサラ・シャヒも、昨年、旧キャストたちから「Lの世界」が復活することを聞いていたことを明らかにし、出演への意欲をみせた。「Lの世界」は「私にとって初めての大きな仕事だったの」とふり返り、「いまのキャリアの軌道に乗せてくれた作品だから」と感謝の気持ちを述べた。

2004年から2009年までアメリカで放送された「Lの世界」は、アメリカのテレビ史上で初めてレズビアンたちの日常や恋愛模様を大胆に描いた作品。全8話構成で制作される新「Lの世界」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.