くらし情報『ジェームズ・キャメロンがロンドンから緊急会見!『アリータ』には、『タイタニック』級の悲恋が』

2019年2月4日 10:15

ジェームズ・キャメロンがロンドンから緊急会見!『アリータ』には、『タイタニック』級の悲恋が

Photo by cinemacafe.net

日本のSFアクション漫画「銃夢(がんむ)」を実写映画化した『アリータ:バトル・エンジェル』がついに完成!ワールドプレミアが行われたロンドンから、製作・脚本のジェームズ・キャメロンが急きょ、日本のメディアに向けた中継会見を開いた。

ロバート・ロドリゲス監督を信頼!「私が現場に行ったのは1度だけ」

数百年先の未来を舞台に、スクラップの山で発見されたサイボーグの少女“アリータ”が、内に秘めた並外れた戦闘能力に目覚め、出生の秘密を見つけようと決意。そんな彼女を抹消しようと、巨大な陰謀が動き出す。キャメロンが原作と出会ったのは20数年前のこと。すぐさま映画化権を獲得したが、自身の代表作である『アバター』と同時進行していたこともあり、「結果的に『アリータ』は後回しになってしまった」のだとか。

メガホンを託されたのは、『シン・シティ』『プラネット・テラー in グラインドハウス』など、斬新でグラフィカルなアクション描写を得意とするロバート・ロドリゲス。「完成した映画を見ると、見事にロバートのスタイルになっていた。もし、私が監督をしていたら、もっとダークでエッジが効いた作品だったはず。ロバートのおかげで、娯楽性が高まり、幅広いファンにアピールできる仕上がりになったよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.