くらし情報『“ワイルド系”のアクアマン、素顔は子煩悩キャラ!?「バットマンに勝ったんだ!」』

2019年2月9日 12:00

“ワイルド系”のアクアマン、素顔は子煩悩キャラ!?「バットマンに勝ったんだ!」

Photo by cinemacafe.net

全世界興行収入がDC映画史上No.1の興行成績を記録した『アクアマン』が、ついに日本公開。この度、本作の主役を務め、“俺様ワイルド系”でちょっと強面なアクアマンを演じたジェイソン・モモアが、実は子煩悩であることが明らかとなった。

アクアマン/アーサー・カリーは、人間として育てられた、海底帝国アトランティスの血を引く男。時速160キロで泳ぐことができ、人間の150倍もの力があり、あらゆる海洋生物と意思疎通ができる規格外のヒーロー。その見た目は、役を演じたジェイソン・モモアの筋骨隆々なマッチョボディと相まって、一見、“俺様ワイルド系”で少々とっつきにくいと思うかも知れない。

■子どもたちのために「自分らしく地に足をつけていたい」

しかし、モモア自身はそんな見た目とは裏腹に、実は子煩悩。アンバー・ハード(メラ役)の待機トレーラーにメラの資料となるポスターや書籍がたくさんあったことから、「僕は、自分の娘をアンバーのトレーラーから連れ出さなきゃならなかったんだ。まだ僕の目の通していない本には、子供たちにまだ見せたくないシーンや画像があるかもしれないからね。娘の目に触れさせたくないものが含まれているかもしれないから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.