くらし情報『永野芽郁&北村匠海の熱演に『君月』監督が撮影中に号泣!「嗚咽して何も言えない」』

2019年2月19日 19:57

永野芽郁&北村匠海の熱演に『君月』監督が撮影中に号泣!「嗚咽して何も言えない」

Photo by cinemacafe.net

『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督による最新作『君は月夜に光り輝く』の完成披露舞台挨拶が2月19日(火)、TOHOシネマズ日比谷にて行われ、初共演にしてW主演を務めた永野芽郁北村匠海を含む、キャスト勢10名が登壇した。

『君は月夜に光り輝く』はデビュー作ながら累計発行部数50万部を突破した佐野徹夜の純愛物語を映画化。不治の病・発光病を発症した余命ゼロの渡良瀬まみず(永野さん)が、自分が叶えられない願いを、同級生の岡田卓也(北村さん)に代行してもらい、感想を語ってもらうという形で交流する。次第にまみずに惹かれていく卓也だったが、迫りくる死の恐怖がふたりを襲う。

北村さん、永野さんの演技に「すごい」!

余命ゼロの少女を演じるにあたって、永野さんは「余命ゼロだから哀しい、みたいなヒロインにはしたくないと思って。思っていることはたくさんある、だからこそ笑って過ごしたり、自分の心情と戦っている女の子を演じられればと思いました」と、懸命に寄り添った様子を見せた。

永野さん演じるまみずと恋に落ちる北村さんは、永野さんの演技について「すごい」と絶賛!そもそも、「この映画において受け皿になろうと考えていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.