くらし情報『『新感染』超え!韓国の映画歴代成績を塗り替えた話題作『神と共に』が日本上陸』

2019年2月20日 20:00

『新感染』超え!韓国の映画歴代成績を塗り替えた話題作『神と共に』が日本上陸

Photo by cinemacafe.net

第69回カンヌ国際映画祭を筆頭に各国で圧倒的な大ヒットを果たし、世界規模で話題を席巻した映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』。この度、本作を超える大ヒットを記録し話題となっている『神と共に』2部作が、ついに日本上陸を果たすことが分かった。

ストーリー

『神と共に第一章:罪と罰』

死を向かえた消防士のジャホンの前に突然現れた3人の冥界の使者ヘウォンメクとドクチュン、そしてカンニム。彼らは、これからジャホンが転生のために通る7つの地獄の裁判の弁護と護衛を行う。ジャホンは生前の善行が認められ、19年ぶりの貴人として転生は確実視されていた。しかし、裁判を進むにつれ、地獄鬼や怨霊が出現し冥界が揺らぎ始める…。

『神と共に第二章:因と縁』

千年間で48人の死者を転生させた3人の使者。あと1人を転生させたら、彼らも新しい生を得ることができる。カンニムは、怨霊だったジャホンの弟スホンを最後の裁判を受ける貴人に決定。本来、怨霊は消滅させなければならないが、閻魔大王は3人の使者に条件を出しカンニムの提案を受け入れる。条件はソンジュ神に守られ訪れ、使者をことごとく追い払う老人、チュンサムをスホンの裁判が終わるまでに冥界に連れてくること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.