くらし情報『水原希子、10代で単身パリに渡った思い出などを語る「A-Studio」』

2019年3月1日 16:40

水原希子、10代で単身パリに渡った思い出などを語る「A-Studio」

Photo by cinemacafe.net

笑福亭鶴瓶がゲストの関係者に自ら事前に徹底取材、サブMCを川栄李奈が担当し、ゲストの素顔に迫る「A-Studio」。3月1日(金)放送回は放送中のドラマ「グッドワイフ」に出演している女優・水原希子をゲストに迎え、水原さんのモデル修行時代の思い出などを探っていく。

「Seventeen」「ViVi」のモデルを経て村上春樹原作の映画『ノルウェイの森』で女優デビュー。岡崎京子の人気コミックを映画化した『ヘルタースケルター』や NHK大河ドラマ「八重の桜」、実写版『進撃の巨人』など話題作、注目作に立て続けに出演し女優としての評価を得ると、その後は『信長協奏曲』シリーズや『高台家の人々』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』などコンスタントに出演作を世に送り出し、強い個性を放つ女優として躍進中の水原さん。

そんな彼女が今夜本番組に登場。予告映像では17歳の頃単身パリに渡り、自らを売り込むも身長制限ゆえに上手くいなかった当時の思い出を語るシーンなどが流されており、水原さんの過去から現在に至る様々な事柄が語られている模様だ。

そんな水原さんがパラリーガルという役柄に挑戦、新たな魅力を発揮しているのが放送中の日曜劇場「グッドワイフ」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.