くらし情報『『翔んで埼玉』社会現象級ヒットの予感!?「カメ止めに続く大当たり映画」』

2019年3月5日 12:38

『翔んで埼玉』社会現象級ヒットの予感!?「カメ止めに続く大当たり映画」

Photo by cinemacafe.net

二階堂ふみとGACKTがW主演を務める『翔んで埼玉』が、公開2週目も絶好調だ。「想像以上に本気で作られた茶番劇」「あるある過ぎて痛快」「カメ止めに続く邦画大当たり映画」などなど、SNSでも絶賛の声が相次ぎ、週末映画ランキング1位を記録した初週を動員数、興行収入とも上回る快挙を達成。現在120億円超えの大ヒットとなっている『ボヘミアン・ラプソディ』にも匹敵する異例の事態となっており、地元愛に溢れた“埼玉ディスり”に劇場が笑いに包まれている。

◆『翔んで埼玉』って?

「パタリロ」などで知られる魔夜峰央氏の同名漫画を原作にした本作。オープニングから魔夜氏本人が登場し、“この物語はフィクションです”というお決まりの文言に続いて、“実在の人名団体、とくに地名とは全く関係ありません”といったお断りが入った上で始まる、いたって大真面目で壮大な茶番劇だ。

◆公開初週超えのヒットは『ボヘミアン・ラプソディ』以来

そんな本作は2月22日(金)に公開されるや、初日3日間で動員24万7,968人、興行収入3億3094万9,400円を達成し、まさかの週末ランキング初登場1位となる大ヒットスタート。

さらに公開2週目となった3月2日(土)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.