くらし情報『舘ひろし&仲村トオル共演にあぶ刑事ファン「胸アツ」…「家売るオンナの逆襲」最終回』

2019年3月14日 00:00

舘ひろし&仲村トオル共演にあぶ刑事ファン「胸アツ」…「家売るオンナの逆襲」最終回

Photo by cinemacafe.net

北川景子が“家を売って売って売りまくる”伝説の不動産屋・三軒家万智を演じて主演した「家売るオンナの逆襲」が3月13日の放送でフィナーレを迎えた。最終回ではゲストに舘ひろしが登場、仲村トオルとの“あぶ刑事”コンビの再共演が実現、SNSをざわつかせている。

本作は北川さんのほか、小学生の頃から万智を想い続けてきたフリーの天才不動産屋・留守堂謙治役で松田翔太、万智の上司と夫でもあるテーコー不動産の課長・屋代大役で仲村トオル、そのほか千葉雄大工藤阿須加鈴木裕樹梶原善イモトアヤコ臼田あさ美ら前作から、草川拓弥、長井短も今作から出演している。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
自分の“想い”が人違いだったと知って、一転万智への怒りに燃える留守堂が姿を消してから1年、新宿では外資系ライバル会社・リッチブラスト不動産が台頭。新宿営業所は消滅の危機を迎えていた。高齢化が進む“限界団地”「新宿ガーデンハイツ」をリッチブラストが買い占めていると聞いた万智と庭野は現地へ。そこで出会った2人の老人を見た万智はしゃっくりが止まらなくなってしまう。

リッチブラストの“爆売り”が万智の手法に酷似していることに気付いた足立は庭野と偵察に向かい、そこでリッチブラストのCOOとなった留守堂と再会。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.