くらし情報『坂口健太郎に「透明感の日本代表」の声、武田真治の怪演も話題沸騰中「イノセンス」最終回』

2019年3月24日 00:35

坂口健太郎に「透明感の日本代表」の声、武田真治の怪演も話題沸騰中「イノセンス」最終回

Photo by cinemacafe.net

坂口健太郎が“冤罪”に立ち向かう弁護士を演じ主演を務めた「イノセンス~冤罪弁護士~」が3月23日の放送でフィナーレを迎え、坂口さんらメインキャストの熱演を讃える声と共にゲスト出演した武田真治の怪演にも注目が集まっている。

11年前の東央大学殺人事件をきっかけに冤罪と戦う弁護士となった黒川拓を坂口さんが演じ、拓が勤務する保駿堂法律事務所の新人弁護士・和倉楓川口春奈、拓の大学の先輩で妹が殺人事件の被害者となった秋保恭一郎藤木直人、保駿堂法律事務所の代表・別府長治杉本哲太、拓の父で最高検察庁次長検事・黒川真草刈正雄、冤罪を取材するTVディレクター・有馬に市川実日子、その他趣里、小市慢太郎らが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
連続殺人事件の手口が11年前の事件と似ていることから“真犯人”の存在を疑い、事件の被疑者の弁護を担当する拓だが、その矢先何者かが刃物で拓を刺そうと襲いかかり、楓が拓をかばって刺されてしまう。

その数日後、楓を刺した犯人・神津一成武田真治)が自首。面会に赴いた拓に対し神津は11年前の事件も自分の犯行だと自白。新たな証拠を探そうとする拓だったがそれを妨害するかのように事務所に検察の捜査が入る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.