くらし情報『井ノ原快彦、大家族の父親役に「温かい空気感がありました」 「僕が笑うと」今夜放送』

2019年3月26日 12:30

井ノ原快彦、大家族の父親役に「温かい空気感がありました」 「僕が笑うと」今夜放送

Photo by cinemacafe.net

井ノ原快彦が主演を務めるカンテレ開局60周年特別ドラマ「僕が笑うと」。戦時中の大阪を舞台に、5人の孤児を養子として引き取って育てた主人公・鈴木重三郎と妻・誠子(上戸彩)の大家族の絆を描いたオリジナル作品で、竜星涼真飛聖飯豊まりえ高田翔坂井真紀白洲迅麻生祐未吉行和子など豪華俳優陣が出演。放送を控え、井ノ原さんが作品や役柄、さらには共演した上戸さんや子役たちについて語った。

■トレードマークの優しい笑顔は「お安い御用です!(笑)」

自身初となる大家族の父親役を演じた井ノ原さん。撮影現場について「現場に子どもがいるっていいなと思いました。子役の子たちがいない場面の撮影でも、この作品に子どもが関わっているんだという温かい空気感が現場にありました。戦争中を描いたドラマですが、そういったほんわかした一面もきっとあったのだろうと、想像力を駆り立てられながら撮影をしていきました」とふり返っている。

そんな井ノ原さん演じる重三郎が家族に対して向ける温かな笑顔は印象的だが、「それはもう本当にお安い御用です!(笑)」と彼のトレードマークの優しい笑顔を見せる様子も。「それは、上戸さんや子どもたち、スタッフさんに助けられたからだと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.