くらし情報『エヴァ・グリーン「10代の頃はシャイだった」T・バートンが信頼する俳優たちの共通点』

2019年3月28日 16:00

エヴァ・グリーン「10代の頃はシャイだった」T・バートンが信頼する俳優たちの共通点

Photo by cinemacafe.net

個性の素晴らしさを描き続けてきた鬼才ティム・バートン監督がディズニーとともに生み出した実写映画『ダンボ』。この度、エヴァ・グリーンをはじめとするバートン監督が信頼を寄せる俳優たちは皆、コンプレックスに悩んだ過去を持つという共通点があることが分かった。

エヴァ・グリーン「やがて自分が変だと信じるようになってしまった」

本作の主人公は、“普通と違う大きすぎる耳”を持つ子ゾウのダンボで、その個性によってサーカスの観客から笑いものにされてしまう。

大都会ニューヨークの巨大テーマパーク“ドリームランド”の曲芸師コレットを演じ、バートン監督とのタッグが本作で3作目となるエヴァ・グリーンは、「10代の頃はシャイで、友人の誕生日パーティーにも滅多に顔を出さず、ほとんどしゃべらなかったから“変人”だと言われていたの。あまりにも繰り返し変人と呼ばれるため、自分ではそういう感覚がなくても、やがて自分が変だと信じるようになってしまったの」と告白。ダンボ同様に、周囲が決めつけた“評価”に悩んだことがあるという。

ダニー・デヴィート「身長のおかげでシェイクスピア劇の役をゲットしたんだ」

バートン監督作品に4度目の出演となるダニー・デヴィートもまた、「かつては、5フィート(約152cm)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.