くらし情報『EXILE・NAOTOらのHONEST BOYZ、『名探偵ピカチュウ』エンドソングで世界デビュー』

2019年4月17日 13:00

EXILE・NAOTOらのHONEST BOYZ、『名探偵ピカチュウ』エンドソングで世界デビュー

Photo by cinemacafe.net

「三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」のNAOTOがリーダーを務め、「m-flo」のVERBAL、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のMANDY(関口メンディー)らによる5人組ヒップホップグループ「HONEST BOYZ(R)」が、ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』のエンディングソングを担当することが発表された。

本作のエンディングソングに起用される彼らの新曲「ELECTRICITY featuring Lil Uzi Vert」は、ビヨンセアリアナ・グランデなども手掛けるグラミー賞11冠の米・アーティスト、ファレル・ウィリアムスがプロデュース。さらに全米チャート1位の米・ラッパー、リル・ウージー・ヴァートも客演で参加する。

本楽曲の起用について、同映画のプロデューサーを務めるケール・ボーイターは「VERBALから今回のHONEST BOYZ(R)とファレルのコラボについて聞いたとき、映画との繋がりを即座に感じた」とコメント。「なぜなら彼らもまた、日本から世界へと乗り込んでいる、才能溢れるフュージョングループで、私たちの映画にとってもHONEST BOYZ(R)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.