くらし情報『『ぼくのエリ』の衝撃再び!北欧スリラー『ボーダー 二つの世界』完全版で公開決定』

2019年5月13日 14:00

『ぼくのエリ』の衝撃再び!北欧スリラー『ボーダー 二つの世界』完全版で公開決定

Photo by cinemacafe.net

昨年の第71回カンヌ国際映画祭で最も話題となったスウェーデン作品『Border』(英題)が、邦題『ボーダー 二つの世界』として10月11日(金)より全国で公開されることが決定した。

イラン系デンマーク人の新鋭アリ・アッバシ監督と、“スウェーデンのスティーヴン・キング”と称され『ぼくのエリ200歳の少女』の原作者としても知られるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストが自身の原作を共同で脚本化した本作。主人公は、醜い容貌のせいで孤独と疎外を強いられる女性ティーナ。国境の税関に勤める彼女は不気味な男との出会いにより、人生が一変する事件に巻き込まれていく。

ジャンル映画の枠を超えて高い評価を受け、カンヌの第2コンペティションである「ある視点部門」に出品されると、ベニチオ・デル・トロら審査員を驚愕させ見事グランプリを受賞。さらに第54回スウェーデン・アカデミー賞では作品賞ほか最多6部門を受賞。本年度アカデミー賞スウェーデン代表作品にも選出され、メイクアップ&ヘアスタイリング賞でノミネートを果たすなど、各国の映画賞を席巻した。

重厚な人間ドラマと奇想天外なストーリーテリングは評論家たちから高い評価を受け、『シェイプ・オブ・ウォーター』のオスカー監督ギレルモ・デル・トロも「強い詩。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.