くらし情報『ブリー・ラーソン、撮影前の徹底した役作りを明かす…『ガラスの城の約束』』

2019年5月14日 16:00

ブリー・ラーソン、撮影前の徹底した役作りを明かす…『ガラスの城の約束』

Photo by cinemacafe.net

ホームレスの両親に育てられた女性の半生を綴った、全米350万部突破のベストセラー小説を映画化した『ガラスの城の約束』。この度、主演のブリー・ラーソンからのコメントとメイキング写真、新場面写真がシネマカフェに到着した。

本作で主演を務めるブリー・ラーソンは、ホームレスをしている両親への複雑な感情を心の内に秘めながらも、高級ブランドのスーツと隙のないメイクで武装し、幸せを掴み取ろうと邁進する女性を好演。ブリーは本作について、「原作は、衝撃的な内容ではあるけれど、たくさんの愛とユーモアを持った家族の物語だと思ったわ。実は多くの人々にとって普遍的な物語でもあるはずよ」とコメントを寄せた。

また、撮影前に徹底して役作りを行うことで知られている彼女は、数か月に渡って物語の主人公であるジャネット・ウォールズ本人とコミュニケーションを取り、役作りをしていったという。ジャネットからは、「これは私の物語だけど、あなたにこの物語を自分のものにして欲しいの。だからあなた自身が正直に感じたものを演じて欲しい。そのために、あなたの知りたいことがあれば、個人的なことも何でも話すわ」と心強い言葉をかけられたことを明かした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.