くらし情報『「マジ怖かった」…『ラ・ヨローナ ~泣く女~』カーテンの中から現れる最恐映像入手』

2019年5月16日 19:00

「マジ怖かった」…『ラ・ヨローナ ~泣く女~』カーテンの中から現れる最恐映像入手

Photo by cinemacafe.net

全米初登場第1位を飾ったホラー映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』。日本でもついに公開されると、「ラ・ヨローナ マジ怖かった。」「始まってから終わりまでずっと気が抜けない」「心臓が弱い人は1人で観に行かない方がいい」など、“泣く女”へ称賛の声が続出している本作から、“最恐カーテンひらり動画”がシネマカフェに到着した。

『死霊館』シリーズを世に贈り出したホラーの天才ジェームズ・ワン、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本ゲイリー・ドーベルマンが製作に名を連ね、新鋭マイケル・チャベスがメガホンをとった本作。

主人公のソーシャルワーカーの女性アンナを『アベンジャーズ/エンドゲーム』や『グリーンブック』のリンダ・カデリーニが演じ、彼女が助けを求めるペレズ神父を『アナベル 死霊館の人形』のトニー・アメンドーラが演じている。

全米初登場1位を記録した本作は日本でも公開されるや、大作ひしめく中、観客動員数ランキング初登場第9位にランクイン!公開に合わせて実施された出口調査では、10代~20代の満足度100%を記録。さらにホラー映画作品として異例の、女性満足度100%を叩き出している(※満足度リサーチはワーナー調べ)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.