くらし情報『A・ヴィキャンデル&J・マカヴォイ、狂おしくも切ないラブサスペンス『世界の涯ての鼓動』公開』

2019年5月17日 07:00

A・ヴィキャンデル&J・マカヴォイ、狂おしくも切ないラブサスペンス『世界の涯ての鼓動』公開

Photo by cinemacafe.net

『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』のヴィム・ヴェンダース監督が贈る待望の最新作『Submergence』の邦題を『世界の涯ての鼓動』として日本公開することが決定。併せてメインビジュアルが解禁となった。

■ストーリー

ノルマンディーの海辺に佇むホテルで出会い、わずか5日間で情熱的な恋に堕ちたダニーとジェームズは、別れの朝の引き裂かれるような痛みに、互いに生涯の相手だと気づく。だが、生物数学者のダニーにはグリーンランドの深海に潜り地球上の生命の起源を解明する調査が、MI-6の諜報員であるジェームズには南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止する任務が待っていた。

やがて恐れは現実となり、ダニーの潜水艇が海底で操縦停止に、ジェームズはジハード戦士に拘束されてしまう。果たして、この極限の死地を抜け出し、最愛の人を再びその胸に抱きしめることができるのか――?

ヴィム・ヴェンダース監督、運命に引き裂かれた恋人たちを描く

本作で監督を務めるのは、地球の果てまでもとらえる壮大な映像美と、人間の心の涯てまでを追いかけるエモーショナルなストーリーで、世界中から敬愛されている名匠ヴィム・ヴェンダース

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.