くらし情報『香川照之の“香川節”に「土下座じゃないのに熱い」の声…「集団左遷!!」第5話』

2019年5月20日 00:10

香川照之の“香川節”に「土下座じゃないのに熱い」の声…「集団左遷!!」第5話

Photo by cinemacafe.net

福山雅治が廃店の危機に瀕した銀行支店長を演じる日曜劇場「集団左遷!!」の第5話が5月19日放送。ノルマ達成を目前にして訪れた“新たな危機”に「なんてこった」「膝から崩れ落ちた」など視聴者からも絶望と心配の声が飛び交っている。

本作の主人公・片岡洋(福山さん)は50歳を目前にして三友銀行蒲田支店の支店長に昇任。喜んだのもつかの間、赴任先の蒲田支店は廃店候補だった。本店常務の横山輝生三上博史)から「何もするな」と命じられた片岡だが、支店で働く行員たちの姿に本店に反旗を翻す決意を固める。

片岡の意向に反対していた蒲田支店副支店長・真山徹香川照之)も味方につけ、本社から左遷されてきた滝川晃司神木隆之介)、そして木田美恵子中村アン)、平正樹井之脇海)らと共に100億のノルマを達成しようと奮闘するなか、本店からの妨害工作も活発化していく。本店のスパイだと発覚した花沢浩平高橋和也)が支店を去り、支店統括部部長の宿利雅史酒向芳)にも“左遷”の危機が迫っていた…というのがこれまでのおはなし。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
「集団左遷」「廃店候補」と書かれた週刊誌の記事が逆に追い風となって蒲田支店を“応援”しようと多くの客が支店に殺到。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.