くらし情報『窪田正孝 VS 鈴木伸之、“平和”なライバル関係に喜びの声…「ラジエーションハウス」』

2019年6月4日 00:30

窪田正孝 VS 鈴木伸之、“平和”なライバル関係に喜びの声…「ラジエーションハウス」

Photo by cinemacafe.net

窪田正孝主演の「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」も6月3日の放送で第9話。今回は鈴木伸之演じる辻村の“自立”の物語。過去の共演作でもライバル関係だった窪田さんと鈴木さんの“握手シーン”に「すごい平和」といった声が集まっている。

本当は医師だが診療放射線技師として病院に勤務する五十嵐唯織を窪田さんが演じ主演、唯織が幼いころから想いを寄せ続けてきた放射線科医の甘春杏を本田翼が、大学時代から杏に想いを寄せる整形外科医・辻村駿太郎を鈴木さんが演じ、唯織が勤務する甘春総合病院の“ラジエーションハウス”で共に働く同僚たちに広瀬アリス山口紗弥加浜野謙太丸山智己矢野聖人

ラジエーションハウスの技師長・小野寺俊夫遠藤憲一、甘春総合病院の病院長・大森渚和久井映見、病院長の座を狙う診療部長兼放射線科長の鏑木安富に浅野和之といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
前回のラストで杏がエスカレーターから転落してしまう。頭部を強打した杏の検査を巡り唯織と辻村が対立、辻村は「彼女は僕の患者」といつも以上に強い口調で唯織を杏から遠ざけようとする。

同じ頃、甘春総合病院に大物政治家の安野将司中村梅雀

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.