くらし情報『貴重なカラーメイキング映像も!『COLD WAR』監督が語る“主人公抜擢の理由”』

2019年6月8日 14:00

貴重なカラーメイキング映像も!『COLD WAR』監督が語る“主人公抜擢の理由”

Photo by cinemacafe.net

第91回アカデミー賞で監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門にノミネートされ、第71回カンヌ国際映画祭にて監督賞を受賞したポーランド映画『COLD WAR あの歌、2つの心』。この度、パヴェウ・パヴリコフスキ監督が主人公の歌手ズーラにヨアンナ・クーリクを抜擢した理由を語るインタビューと、モノクロで映し出される本編とは趣の異なる、カラーで切り取られた貴重なメイキング映像がシネマカフェに到着した。

本作は、前作『イーダ』で第87回アカデミー賞外国語映画賞を受賞、世界的な評価を受けるポーランドのパヴリコフスキ監督が、冷戦下のポーランド・ベルリン・ユーゴスラビア・そしてパリを舞台に綴る情熱的なラブストーリー。

パヴリコフスキ監督は、「『イーダ』という映画のキャスティング中にヨアンナ・クーリクと出会い、魅了されたんだ」とその出会いについて語り、そして『イーダ』では「どうしても彼女を使いたくて、新しい役を作り出てもらった」と述べるほど、彼女に魅了されていたことを明かす。

そのため、「今回は脚本の執筆中から彼女をズーラ役にと考えていた」と言い、彼女の魅力ありきで、本作のズーラというヴィクトルの人生を翻弄し続ける運命的なキャラクターが生まれたことを語っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.