くらし情報『瑛太、鶴瓶と過ごしたひと夏の思い出にニンマリ 「本当にずーっと一緒にいました」』

2009年6月29日 19:24

瑛太、鶴瓶と過ごしたひと夏の思い出にニンマリ 「本当にずーっと一緒にいました」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

数々の映画賞を総なめにした『ゆれる』の西川美和監督の下、とある僻村で慕われる一人の医者の“嘘”を軸に、現代日本が抱える医療問題を浮き彫りにさせる『ディア・ドクター』。本作が6月27日(土)に公開初日を迎え、西川監督はじめ、本作で映画初主演を果たした笑福亭鶴瓶、瑛太、八千草薫が舞台挨拶に登壇した。

映画に因み、客席には白衣を着た観客100人が集まった。この光景に西川監督は「すごく偉い人に迫られてる感じで緊張します」と圧倒され気味に挨拶、鶴瓶さんは「誰に着させられたんですか?」といきなりツッコミの挨拶でスタート。公開に先立ち、全国各地で映画のプロモーションを行ってきた鶴瓶さんだが、観客に向けて「まだ観てないから、憧れとかないでしょ?瑛太とか八千草さんは見たら“ハァ〜”という感じでしょうが、僕なんかはおっさんですからね。だけど観た後は“えっ?”と思いますよ」と鑑賞後のイメージのギャップをほのめかした。映画初主演という大役について聞くと、「監督に全部任せました。台詞も6割、いや4割しか覚えていかなったんですけど、逆にそれを生かしてもらって。(主演は)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.