くらし情報『西島秀俊を内野聖陽が“バックハグ”…「感無量」「感謝しかない」絶賛の声が殺到「きのう何食べた?」最終話』

2019年6月29日 07:00

西島秀俊を内野聖陽が“バックハグ”…「感無量」「感謝しかない」絶賛の声が殺到「きのう何食べた?」最終話

Photo by cinemacafe.net

西島秀俊内野聖陽が同性カップルを演じW主演した「きのう何食べた?」が6月28日深夜の放送でフィナーレを迎えた。シロがケンジを連れ実家に行くという注目の最終回に視聴者からは「原作通り…感無量」「幸せな時間を本当にありがとう」など感動の声が殺到中だ。

「西洋骨董洋菓子店」「大奥」などで知られる、よしながふみによる「モーニング」(講談社)連載中の人気コミックをドラマ化した本作。2LDKのアパートで同居する料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗=シロさん(西島さん)と、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二=ケンジ(内野さん)の日常と食卓が描かれてきた。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
最終回ではついに史朗が賢二を連れ実家へ。2人はもちろん出迎えた史朗の母・久栄(梶芽衣子)と父・悟朗(田山涼成)も緊張の面持ち。食事が始まると史朗は久栄のから揚げ作りを手伝うことになり、賢二と2人きりになった悟朗は史朗の高校時代のアルバムを見ようと誘う。そこで賢二は悟朗に“ある質問”をされていた。久栄と悟朗の2人は、史朗と賢二のどちらかが自宅では女装して生活してると考えていたのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.