くらし情報『梶裕貴&細谷佳正&吉沢悠出演で「逃げ恥」初舞台化!』

2019年6月30日 11:00

梶裕貴&細谷佳正&吉沢悠出演で「逃げ恥」初舞台化!

Photo by cinemacafe.net

新垣結衣×星野源でドラマ化もされ話題となった海野つなみの「逃げるは恥だが役に立つ」が、豪華声優、俳優を迎え、朗読劇として初の舞台化が決定。10月2日(水)より計10公演行われる。

本作は、東宝が贈るラブストーリーに特化した朗読劇シリーズ、「恋を読む」の第2弾。原作漫画は、夫=雇用主、妻=従業員の契約結婚という斬新な設定ながら、笑いと胸キュンあふれる展開、仕事や夫婦の在り方に自分達らしく向き合う主人公たちの姿が多くの読者の共感を呼び、2015年に第39回講談社漫画賞(少女部門)を受賞。ドラマ化では、最終話の平均視聴率が20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど大きな社会現象にもなった。

そんな本作を、「恋を読む」第1弾『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』に続き、劇団「ロロ」主宰の三浦直之が脚本・演出を務め、朗読劇に。

舞台に登場するのは、年齢も性別もバラバラだが、皆少しずつ”生きづらさ”を感じている4人のキャラクター、津崎平匡森山みくり風見涼太土屋百合。そして、この4人を演じるのは、普段なかなか共演のない豪華キャストたちだ。

ドラマでは星野源が演じた津崎平匡

津崎平匡役には、ミュージカル「テニスの王子様」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.