くらし情報『SW国内最後の体験型ミュージアム開催! 実際に使用した衣装を展示』

2019年6月30日 13:10

SW国内最後の体験型ミュージアム開催! 実際に使用した衣装を展示

Photo by cinemacafe.net

「スター・ウォーズ」の世界観を体感できる世界巡回展「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」が、東京・天王洲の寺田倉庫G1-5Fにて8月8日(木)より開催決定。

1978年の映画日本初公開から41年。12月に公開される最新作で、スカイウォーカー家をめぐる物語『スター・ウォーズ』がついに完結を迎える。

今回行われる展示では、映画で実際に俳優たちが着用した衣装や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど、製作過程を辿れる貴重な展示品が約200点展示。これらの展示品は今後、ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵され、これだけの規模の展示品を見ることができるのは、日本では最後の機会となる。

また、会場内に設置されたインタラクティブスペースで、出題される質問に答えながらID付きブレスレットをタッチしていくと、来場者の性格や価値観などのアイデンティティーが反映されたオリジナルキャラクターを作ることができる来場者だけの体験も用意。そして、会場でしか手に入らないオリジナル・グッズも販売する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.