くらし情報『大泉洋、大谷亮平の直筆“手紙”に感動の声続出…「ノーサイド・ゲーム」第2話』

2019年7月15日 07:40

大泉洋、大谷亮平の直筆“手紙”に感動の声続出…「ノーサイド・ゲーム」第2話

Photo by cinemacafe.net

池井戸潤書き下ろしの同名新作小説を大泉洋主演でドラマ化する日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の第2話が7月14日放送。大谷亮平演じる柴門琢磨が選手たちに送った“手紙”に「素敵だ」と感動の声がSNS上に溢れている。

大泉さんが左遷され低迷するラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋隼人を演じ主演。そんな君嶋を力強く支える妻の真希に松たか子。君嶋を左遷した“天敵上司”・滝川桂一郎に上川隆也、ラグビーの知識と分析能力が豊富な総務部員・佐倉多英に笹本玲奈、君嶋とは大学時代に同級生だったラグビー監督・柴門琢磨に大谷さん、君嶋が勤務するトキワ自動車の社長・島本博に西郷輝彦といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋は新監督人事のことで悩んでいた。君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から、チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたいと考えるが、前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者には優勝経験がなかった。

そんな折、柴門が城南大学の監督を退任。君嶋は柴門に監督就任を打診するが柴門からは取り付くしまもなく断られてしまう、実は2年前、滝川が監督のオファーしていたがその後断っていたのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.