くらし情報『“トニセン”坂本&長野&井ノ原がカミセンとの格差を語る!?「ダウンタウンなう」』

2019年7月26日 14:15

“トニセン”坂本&長野&井ノ原がカミセンとの格差を語る!?「ダウンタウンなう」

Photo by cinemacafe.net

7月26日(金)放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」は、人気企画「本音でハシゴ酒」に、「20th Century」の坂本昌行長野博井ノ原快彦、俳優の小林稔侍をゲストに迎えてオンエア。さらに森山直太朗高橋ひとみ麻生祐未らもVTRで登場し番組を盛り上げる。

V6」の年長メンバー3人で構成された「20th Century」。ユニットとして「オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ」などの楽曲を発表しているほか、メンバーの坂本さんは『ターザン』で吹き替え出演と日本語版主題歌も担当したほか、近年はミュージカルでその歌唱力を発揮。

長野さんは「ウルトラマンティガ」で主演を務めたほか、こちらも『サンダーバード』の吹き替えや数々の舞台で俳優活動を展開。

井ノ原さんは映画『ピカ☆ンチ』シリーズをはじめ10年以上にわたり続く「警視庁捜査一課9係」シリーズや「特捜9」などのドラマはもちろん、「出没!アド街ック天国」の2代目MCとしても活躍中だ。

今回「トニセン」の3人が、“V6デビュー秘話”や森田剛三宅健岡田准一の3人で構成される「カミセン(Coming Century)」との格差などを告白。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.