くらし情報『「レオがキュート!」全米の心を鷲づかみ!? 泣き虫で小心者の“落ち目俳優”カット入手』

2019年8月4日 16:00

「レオがキュート!」全米の心を鷲づかみ!? 泣き虫で小心者の“落ち目俳優”カット入手

Photo by cinemacafe.net

レオナルド・ディカプリオブラッド・ピットという2大スターが初共演し、2人の友情と絆を軸にハリウッド黄金時代の光と闇に迫ったクエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。この度、すでに公開されているアメリカで「レオがキュート!」と観客の心を鷲掴みにしている、俳優リック・ダルトンの場面写真をシネマカフェが独占入手した。

本作の舞台は1969年のロサンゼルス。ディカプリオが演じる落ち目の俳優リックは、50年代から60年代にかけて主演したTVシリーズで人気を博しながらも、キャリアは下降し仕事が激減。何かと自信を失いがちで、自身のスタントマンを担当するクリフ・ブース(ブラッド・ピット)にいつも支えられている。

劇中では、キャリアが下降していることをアル・パチーノが演じる実在したプロデューサーであるマービン・シュワーツから指摘され、イタリアでマカロニ・ウェスタンに出るように勧められると“自分のキャリアはおしまい”だと人前で涙を流し、撮影中では台詞がうまく言えずに取り乱した挙句にやっぱり泣き出したりと、スターらしい羽振りの良い格好に似合わない小心者で泣き虫という一面を披露。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.