くらし情報『柄本明の“船頭”、謎の少女の出現で変わっていく…オダギリジョー監督『ある船頭の話』予告』

2019年8月14日 17:00

柄本明の“船頭”、謎の少女の出現で変わっていく…オダギリジョー監督『ある船頭の話』予告

Photo by cinemacafe.net

オダギリジョー初監督の長編作品として、ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門に正式出品されている『ある船頭の話』。この度、舟を漕ぐようにゆったりとした船頭の日常を映す映像から一転、ある時点をきっかけに不穏な空気が漂う予告編が解禁となった。

明治と大正のはざま。文明の波がひたひたと押し寄せ、時代の移り変わりに直面した山あいの村を舞台に、「本当に人間らしい生き方とは何か」を世に問う本作。主人公の船頭トイチには日本を代表する名優・柄本明。ヒロイン役には川島鈴遥を抜擢。そのほか、村上虹郎をはじめ、伊原剛志浅野忠信村上淳蒼井優笹野高史草笛光子細野晴臣永瀬正敏橋爪功といった超豪華なキャストがオダギリ監督のもとに集結。

さらに撮影監督には、独特な色彩を映像に落とし込む名匠クリストファー・ドイル、衣装デザインには『乱』でアカデミー賞を受賞したワダエミ、そして世界を舞台に活躍するピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦している。

様々な人たちの喜びと悲しみ、生と死を乗せて舟を漕ぐ船頭…

予告編では、村と町をつなぐ渡し舟の船頭・トイチとその客人たちが、まもなく完成する橋の建設について会話を交わし、少しずつ日常が変わっていく様子が映し出されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.