くらし情報『傘が鋭い武器に!「リアルに描く」“生身”の圧倒的迫力映像『SHADOW/影武者』』

2019年8月18日 19:00

傘が鋭い武器に!「リアルに描く」“生身”の圧倒的迫力映像『SHADOW/影武者』

Photo by cinemacafe.net

王とその影武者、2人の間で揺れる妻の愛を軸にした巨匠チャン・イーモウ監督の武侠アクション『SHADOW/影武者』。この度、中国映画史上、最も“革新的“であり奇策といわれる“アンブレラ・ソード” のアクションに驚嘆する本編映像&場面写真が解禁となった。

今回解禁となったのは、傘を剣盾に変え、独楽のように変幻自在に操り、凡手の業ではない突出した鋭利な刃に身を委ねる大胆かつ繊細な動き、竹のようにしなやかで強靭な“アンブレラ・ソード”による、見たこともない熾烈で華麗なノンストップ武侠アクションの映像。敵の兵士と攻防戦を繰り広げながら、「敵国の首領」を目指し約30個の傘が独楽のように高速回転しながら縦横無尽に坂を下る息もつかせぬ展開と、思わず声が出るようなチャン・イーモウ渾身の”リアリティ”を追求した圧倒的迫力を目にすることができる。

腕に弩弓をつけて、もう一方の手で傘を支え、滑りながら建物の1階から3階の敵国の兵士たちを弩弓で撃ち進む。炎国軍と対峙する境州奪還軍が正面対峙するシーンでは、“アンブレラ・ソード”を形態変化させ、敵兵士に傘を勢いよく振りかざすと鋭い刃が放たれ、中国映画史上最大の奇策で敵兵士をかく乱。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.