くらし情報『ふたりの人生を見守る不思議な黒猫登場『エセルとアーネスト』』

2019年8月31日 14:15

ふたりの人生を見守る不思議な黒猫登場『エセルとアーネスト』

Photo by cinemacafe.net

「スノーマン」「風が吹くとき」などで知られる、イギリスの国民的絵本作家レイモンド・ブリッグズが、自身の両親の人生を愛情込めて描いた原作を映画化した『エセルとアーネストふたりの物語』。この度、エセルとアーネストの夫婦に寄り添ってきた黒猫“スージー”の登場シーンを集めた特別映像がシネマカフェに到着した。

1928年、ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドのエセルが恋に落ち、結婚。深い影を落とした戦争を乗り越え、戦後の新しい時代を生き、ふたりが世を去る1971年までを描いた本作。

このエセルとアーネストのふたりの人生にそっと寄り添うように存在するのが、黒猫の“スージー”。彼らが結婚し、新居に引っ越した日に現れた黒猫は、ブリッグズ家の戦中戦後の暮らしを共にする。戦後、スージーが横切る庭先で、新聞を読みながら「同性愛を合法化するらしい」と話すアーネストに「それ何?」と聞き返すエセル。時代の変化は、ふたりの日常の会話のなかにも表れている。

やがて、エセル亡き後は、アーネストの話し相手となるスージー。原作者のレイモンド・ブリッグズは、黒猫をエイジレスな(=年齢のない)ものとして登場させており、エセルとアーネストが年老いていき、彼自身である息子レイモンドも成長していくなかで、およそ40年間にわたり、唯一の変わらない存在として物語に寄り添っていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.