くらし情報『3D・ワンシークエンスの詩的映像体験へ!中国発『ロングデイズ・ジャーニー』公開決定』

2019年9月6日 14:30

3D・ワンシークエンスの詩的映像体験へ!中国発『ロングデイズ・ジャーニー』公開決定

Photo by cinemacafe.net

中国では1日で41億円の大ヒットを記録、アメリカでも現在まで20週を超えて続映され、今年公開の中国映画としては異例のロングランヒットとなっている『ロングデイズ・ジャーニーこの夜の涯てへ』が、2020年2月28日(金)より公開決定。後半60分に展開される3D・ワンシークエンスショット映像が話題となっている。

2015年の長編映画『凱里ブルース』で彗星の如く現れた、中国の若き鬼才ビー・ガン監督の第2作目となる本作。2018年のカンヌ国際映画祭「ある視点部門」で初上映された後、トロント国際映画祭、サンセバスチャン国際映画祭、ニューヨーク映画祭など、世界の名だたる映画祭で絶賛され、中華圏映画のアカデミー賞とされる金馬奨でも撮影・音楽・音響の3部門を受賞。

ウォン・カーウァイの『欲望の翼』、アンドレイ・タルコフスキーの『ストーカー』、デヴィッド・リンチの『マルホランド・ドライブ』、アルフレッド・ヒッチコックの『めまい』などの映画作家とその作品との共通点を指摘する批評家が続出し、中国新時代の潮流の中にあって、その旗手的な存在として大きな注目を集めている。本国では名匠ジャ・ジャンクー監督『帰れない二人』の10億円を遥かに凌ぐ41億円のヒットとなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.