くらし情報『『クロール ―凶暴領域―』カヤ・スコデラリオ、逆境に立ち向かう女性が似合う』

2019年9月8日 16:00

『クロール ―凶暴領域―』カヤ・スコデラリオ、逆境に立ち向かう女性が似合う

Photo by cinemacafe.net

低予算ながら世界中で話題となった『ドント・ブリーズ』や名作ホラー『死霊のはらわた』のサム・ライミが新たに仕掛ける、極限状態のサバイバルスリラー『クロール ―凶暴領域―』。主演をつとめるのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』でジャック・スパローと冒険の旅に出る天文学者を演じたカヤ・スコデラリオ。プライベートでは1児の母でもある彼女が、本作ではワニを相手に水の中で大暴れ!?そのギャップぶりに迫った。

●ワニとハリケーンに立ち向かう!「ワクワクしました」

英国の人気ティーンドラマ「Skins-スキンズ」で注目され、『メイズ・ランナー』シリーズ、そして『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』でヒロインをつとめ、2019年に「カルティエ(Cartier)」が発表したシリーズ「クラッシュ ドゥ カルティエ」のイメージキャラクターにも選ばれたカヤ。そんなビックタイトルのヒロインやモデルに起用され、芯のある強い女性の姿を演じてきたカヤが本作で演じる主人公ヘイリーも、まさに逆境に立ち向かう強い女性だ。

劇中で、カヤ演じるヘイリーは、突然現れたワニに足を噛まれながらも身の回りの道具で懸命に戦い、また別のシーンでは、街中が浸水しワニが大量発生している中、家の向いにあるガソリンスタンドにあるボートを取りに行くため、ワニより早く泳ぎきるなど、体力勝負の役柄を見事に演じ切っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.