くらし情報『斎藤工主演、人気シリーズSP第3弾!最難関オペに挑む「最上の命医 2019」放送』

2019年10月2日 12:35

斎藤工主演、人気シリーズSP第3弾!最難関オペに挑む「最上の命医 2019」放送

Photo by cinemacafe.net

斎藤工主演「最上の命医」シリーズのドラマスペシャル第3弾「最上の命医 2019」が10月2日(木)今夜、テレビ東京系でオンエアされる。脱獄、誘拐などかつてない極限状態でシリーズ“最難関オペ”に挑む命の運命は…!?

本作は、斎藤さんが自ら病に冒されながらも消えそうな小さな生命に極限まで向き合う小児外科医・西條命を演じるシリーズで、2011年1月期に連続ドラマ版が放送され、その後2016年、2017年と2度のスペシャル版を放送。今作は2年ぶり3度目のスペシャルとなる。

小児外科医の西條命は、房総の田舎町にある診療所で臨時医師として常駐しながら、インターネットを通じて難病の子どもたちの相談を受けている。そんな命を看護師多岐川菜月が献身的にサポートしていた。

ある日、小学校から毎日チョークをかじっているという異食行動の女子児童・中園柚の相談が寄せられ、検査の結果外科手術での改善が可能だと分かったが、柚の様子からまずは心のケアを優先しようと菜月が向き合うことに。

一方、命は東房総医療センターの院長・中込隆三に呼び出され、一度は手術不適合とされた男児のカンファレンスに出席。自らの身体を実験台にしてまでオペの方法を探る命の様子に、ICUの担当医師・関光一郎はあきれ顔だが、中込にはある思惑が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.