くらし情報『八嶋智人が20年後のノリスケさん「どうかノリ良く見守って」 ドラマ「磯野家の人々」』

2019年10月7日 07:45

八嶋智人が20年後のノリスケさん「どうかノリ良く見守って」 ドラマ「磯野家の人々」

Photo by cinemacafe.net

天海祐希主演で“日本一有名な家族”サザエさん一家の20年後を描く、スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」。この度、八嶋智人がサザエさんのいとこ、波野ノリスケの20年後を演じることになった。

今年10月にアニメ放送50周年を迎える磯野家。本作では、アニメで描かれる世界から20年が経ち、カツオ(31歳/濱田岳)は野球選手、漫画家など、夢見ては挫折を繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面している。

ワカメ(29歳/松岡茉優)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。タラオ(23歳/成田凌)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々。

また、波平(74歳/伊武雅刀)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方がわからず歯がゆい思いを抱えている。そんな夫・波平と磯野家の人々の姿をあたたかな愛情で見守るフネ(70代/市毛良枝)。マスオ(48歳/西島秀俊)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.