くらし情報『新田真剣佑、北村匠海に「体貸して」体シェアの瞬間『サヨナラまでの30分』初映像』

2019年10月8日 14:00

新田真剣佑、北村匠海に「体貸して」体シェアの瞬間『サヨナラまでの30分』初映像

Photo by cinemacafe.net

新田真剣佑北村匠海がW主演する青春音楽ラブストーリー映画『サヨナラまでの30分』。この度、本作の物語が少し覗ける特報映像とティザービジュアルが到着した。

今回到着した特報映像は、新田さん演じる1年前に死んだバンドボーカルのアキが、「俺のこと見える人!聞こえる人!」と道行く人々に声を掛けるシーンからスタート。明るく、物怖じしない前向きな性格のアキと、北村さん演じる人と接することが苦手で引っ込み思案の颯太。全くの他人で性格も正反対の2人が入れ替わるきっかけ、それはアキが遺したカセットテープ。偶然、そのテープを拾った颯太が再生した瞬間、颯太の体にアキが入り、2人は入れ替わることができるのだ。

そして2人のほかにも、恋人のカナ(久保田紗友)をはじめ、ヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)とアキが率いていたバンド「ECHOLL」のメンバーが登場、セッションシーンが映し出され、またラストには、アキが颯太に入れ替わりをおねだりする、思わずクスッとさせられてしまう一幕も。

映像と併せて公開されたティザービジュアルでは、「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.