くらし情報『のん「すぐにすずを思い出せた」『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』本予告』

2019年10月10日 11:40

のん「すぐにすずを思い出せた」『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』本予告

Photo by cinemacafe.net

2016年11月12日に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70以上の賞に輝き、大反響を呼んだ『この世界の片隅に』に、新たにエピソードを追加した新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。この度、主人公・すずと遊郭で働くリンを主軸にした、愛らしく切ない予告編が完成。さらに、すず役のん、リン役岩井七世のアフレコの模様とコメント映像が解禁となった。

予告編では、すずが描いた“あいすくりいむ”や“ハッカ糖”、“わらび餅”などお菓子の絵について、リンと楽しそうに笑い合う場面や、満開の桜の木を背に語り合う場面など、2人のこころの交流が描かれている。さらに前作では描かれなかったものの、原作に登場する北條周作を巡るすずとリンの関係性も垣間見えるシーンが登場。

ある日、周作の部屋で“最後のページの一部が切り取られたノート”を発見したすずは、ひらがなが読めないリンが「ええお客さんが書いてくれんさった」と、リンの名前と住所が書かれた“ノートの切れ端”を嬉しそうに見せてくれたことを思い出す。

白い息を吐きながら、寒空の下を曇った表情で歩くすずの姿と、「周作さん、うちは何一つリンさんに敵わん気がするよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.